top›収入面の確認不足 転職で失敗するケース

収入面の確認不足 転職で失敗するケース

<広告>

<広告>

転職を焦ってしてしまい、仕事内容をろくに確認せずに再就職して「しまった!」と後悔する人は結構多いですよね。 今回は収入面での確認不足のせいで、「こんなはずじゃなかった!」と後悔してしまうケースについて考えてみましょう。

まず、早く就職先を決めたいばかりに、希望より低い額で条件を飲んでしまうケースです。 しかし、このような状況で再就職を決めても、結局は日に日に不満が募り、退職に繋がってします。

または給与体系がどのようになっているかを確認せず、いざ給料日となったときに手取りが少なくてガッカリしたというケースもあります。 大事なのは自分の希望をキチンと伝えること、そして給与体系がどのようになっているか確認することです。

自分がもらえると思っていた給与が実際は歩合給や残業手当を含んだものだったなんてこともあり、固定給が少なくてびっくりすることもあります。

もちろん、いくら希望だからといって相場とかけ離れた給与を提示してはいけません。 希望額を出すには、それなりの根拠というものも大事です。

それには相場ではどのくらいの給与があるのか、自分のスキルではどのくらいが適当なのかをリサーチする必要があるでしょう。

それに転職するとキャリアが一からのスタートになってしまうこともあるので、場合によっては下がることも覚悟が必要です。 ただし、いくら収入面の確認が大事だからといって、いきなり面接の冒頭で切り出すのはいけません。

内定が出た後か、給与面について質問があったときに条件を提示するのが良いでしょう。

<広告>

転職失敗コラム
転職は成功するというよりも失敗しないことが大切 転職で失敗しないために 仕事の具体的内容の確認不足 転職で失敗するケース 華やかだが未経験の職種への転職 転職で失敗するケース
急いで転職を決めた場合 転職で失敗するケース 収入面の確認不足 転職で失敗するケース 家庭面を考慮していない 転職で失敗するケース 評論家タイプの何でも否定する 転職しても失敗する人
自分の仕事を詳細に語れない 転職しても失敗する人 自分で意思決定したことがない 転職しても失敗する人 転職先に夢を持ちすぎている 転職しても失敗する人 年収ばかり気にする 転職しても失敗する人
応募企業を調べない 転職しても失敗する人 想像力ではなく妄想力を働かせてしまう 転職しても失敗する人 前職の良かったところを忘れてしまう 転職しても失敗する人 我慢ができない 転職しても失敗する人
自分は悪くなく、周りの環境が悪いと思っている 転職しても失敗する人 資格をとれば市場価値が高くなると思っている 転職しても失敗する人 自分にはこの仕事しかないと思い込んでいる 転職しても失敗する人 転職に向いている人
ジョブホッパーにならないためにも すぐに転職失敗と決めつけてはいけない 収入の不安から転職したものの‥ 転職の失敗例 やりがいを求めたら過労で倒れてしまった‥ 転職の失敗例
転職先がブラック企業だった‥ 転職の失敗例 コネを使って転職をしたがその人との関係が崩れ‥ 転職の失敗例 転職後の職場環境に馴染めず‥ 転職の失敗例 転職後の上司、同僚、部下に馴染めず‥ 転職の失敗例
転職エージェントにのせられ、いざ転職してみたら‥ 転職の失敗例 憧れの外資系企業に転職してみたら‥ 転職の失敗例 ブラック企業の見分け方 転職の準備には時間がかかる
転職先の企業を調べる 自分の転職の目的を考えてみる 転職活動の心構え 転職活動をする前に自分の棚卸しをしてみる
100%満足の転職なんてありえない 転職で得たいものをはっきりさせる 転職者の半数は失敗する 転職するかしないか、2年後の自分を想像してみる
悪い職場にいて貴重な時間を無駄にするな! 転職エージェントとは? 転職エージェントのメリット、デメリット 転職エージェントとハローワークとの違い
転職エージェントのキャリアアドバイザーについて こんなキャリアアドバイザーには要注意 キャリアアドバイザーに頼り切りの人は転職に失敗する 転職が活発な職種
昔と今では転職に対する考え方が変わってきている 女性の転職について考えよう type 人気の転職エージェント リクルートエージェント 人気の転職エージェント
DODA 人気の転職エージェント アデコ 人気の転職エージェント マイナビエージェント 人気の転職エージェント パソナキャリア 人気の転職エージェント
ワークポート 人気の転職エージェント JACリクルートメント 人気の転職エージェント 転職が失敗したら簡単に再転職を考えるな 転職後の考え方次第で転職は成功にも失敗にもなる

<広告>

<広告>