top›ブラック企業の見分け方

ブラック企業の見分け方

<広告>

<広告>

これから転職しようという人の悩みとして最近非常に多いのが、 新しく入る会社がブラック企業じゃないかどうか、ということです。

最近はよく話題になり一般的にもその呼び方が知られるようになってきたブラック企業ですが、 当然のことながら自分の会社はブラックですよ、なんて言っている会社はないわけで、入ってみたらブラックだったということが非常に多いのです。

もっと良い仕事や環境を求めて転職を決意したのに、その先がブラックだったら後悔してしまいますよね。 ですから応募する前にその企業がブラック企業かどうかを見分ける力が必要となります。

どこからがブラック企業であるかという定義は難しく、100%見分けることも難しいですが、ブラック企業にありがちな傾向というのは多々あります。 そういった部分をチェックして、可能な限りリスクは避けるのが良いでしょう。

例えば社員の平均年齢が妙に若いというのもブラック企業の1つの特徴です。 ブラック企業の特徴としてはとにかく肉体を酷使するような過酷な労働というのが多いこともあり、若い人ばかりの職場というのはそういう可能性も高いです。

また、ホームページなどで妙に熱意ややる気を前面に押し出しているところも危険です。 確かに熱意ややる気は大切ですが、実際のところそれだけで全ては解決できません。

熱意があればなんでもできる、というような熱すぎる企業は入社してからも理不尽にそればかり押し付けられる可能性があります。

<広告>

転職失敗コラム
転職は成功するというよりも失敗しないことが大切 転職で失敗しないために 仕事の具体的内容の確認不足 転職で失敗するケース 華やかだが未経験の職種への転職 転職で失敗するケース
急いで転職を決めた場合 転職で失敗するケース 収入面の確認不足 転職で失敗するケース 家庭面を考慮していない 転職で失敗するケース 評論家タイプの何でも否定する 転職しても失敗する人
自分の仕事を詳細に語れない 転職しても失敗する人 自分で意思決定したことがない 転職しても失敗する人 転職先に夢を持ちすぎている 転職しても失敗する人 年収ばかり気にする 転職しても失敗する人
応募企業を調べない 転職しても失敗する人 想像力ではなく妄想力を働かせてしまう 転職しても失敗する人 前職の良かったところを忘れてしまう 転職しても失敗する人 我慢ができない 転職しても失敗する人
自分は悪くなく、周りの環境が悪いと思っている 転職しても失敗する人 資格をとれば市場価値が高くなると思っている 転職しても失敗する人 自分にはこの仕事しかないと思い込んでいる 転職しても失敗する人 転職に向いている人
ジョブホッパーにならないためにも すぐに転職失敗と決めつけてはいけない 収入の不安から転職したものの‥ 転職の失敗例 やりがいを求めたら過労で倒れてしまった‥ 転職の失敗例
転職先がブラック企業だった‥ 転職の失敗例 コネを使って転職をしたがその人との関係が崩れ‥ 転職の失敗例 転職後の職場環境に馴染めず‥ 転職の失敗例 転職後の上司、同僚、部下に馴染めず‥ 転職の失敗例
転職エージェントにのせられ、いざ転職してみたら‥ 転職の失敗例 憧れの外資系企業に転職してみたら‥ 転職の失敗例 ブラック企業の見分け方 転職の準備には時間がかかる
転職先の企業を調べる 自分の転職の目的を考えてみる 転職活動の心構え 転職活動をする前に自分の棚卸しをしてみる
100%満足の転職なんてありえない 転職で得たいものをはっきりさせる 転職者の半数は失敗する 転職するかしないか、2年後の自分を想像してみる
悪い職場にいて貴重な時間を無駄にするな! 転職エージェントとは? 転職エージェントのメリット、デメリット 転職エージェントとハローワークとの違い
転職エージェントのキャリアアドバイザーについて こんなキャリアアドバイザーには要注意 キャリアアドバイザーに頼り切りの人は転職に失敗する 転職が活発な職種
昔と今では転職に対する考え方が変わってきている 女性の転職について考えよう type 人気の転職エージェント リクルートエージェント 人気の転職エージェント
DODA 人気の転職エージェント アデコ 人気の転職エージェント マイナビエージェント 人気の転職エージェント パソナキャリア 人気の転職エージェント
ワークポート 人気の転職エージェント JACリクルートメント 人気の転職エージェント 転職が失敗したら簡単に再転職を考えるな 転職後の考え方次第で転職は成功にも失敗にもなる

<広告>

<広告>