top›仕事の具体的内容の確認不足 転職で失敗するケース

仕事の具体的内容の確認不足 転職で失敗するケース

<広告>

<広告>

ここでは仕事の具体的な内容を確認せずに再就職してしまい、転職に失敗してしまったケースについて考えてみましょう。

職場へ安定や収入アップなどの条件を求めるのは当たり前のことですが、そこだけに囚われて再就職先を決めてしまうと、ミスマッチが起きてしまいます。

例えば事務職からいきなり営業職に転身、単に人と接するぐらいに思っていたのがノルマや飛び込みで新規顧客開拓が辛く、体を壊してしまったケースがあります。

これは営業の仕事がどんなものかの認識が薄かったせいもありますが、その企業ではどんな風に営業をするのか具体的なことを把握して無かったのも原因の一つです。

営業と言っても色々で、元々の顧客先を回るだけのものだったり、飛び込みで営業して新規顧客を一から開拓しなくてはならなかったりします。

また、ろくに経験も知識も無い仕事なのにできると安請け合いしてしまい、実際に入社した後に困ってしまうケースもあります。

その後努力をして仕事をこなせるようになればいいのですが、自分の力量を超えた仕事を任されてプレッシャーになり、それが引き金になって心と体のバランスを崩してしまう可能性もあります。

安定さを求めて好条件の企業へ入社しても、体を壊して続けられなくなったら意味がありません。 それにスキルがあると思って採用した企業側にも不利益が生じてしまいます。

安易に自分でも簡単にできるはずと思っていたら、イメージと違った仕事でショック!なんてことにならないようにしましょう。

<広告>

転職失敗コラム
転職は成功するというよりも失敗しないことが大切 転職で失敗しないために 仕事の具体的内容の確認不足 転職で失敗するケース 華やかだが未経験の職種への転職 転職で失敗するケース
急いで転職を決めた場合 転職で失敗するケース 収入面の確認不足 転職で失敗するケース 家庭面を考慮していない 転職で失敗するケース 評論家タイプの何でも否定する 転職しても失敗する人
自分の仕事を詳細に語れない 転職しても失敗する人 自分で意思決定したことがない 転職しても失敗する人 転職先に夢を持ちすぎている 転職しても失敗する人 年収ばかり気にする 転職しても失敗する人
応募企業を調べない 転職しても失敗する人 想像力ではなく妄想力を働かせてしまう 転職しても失敗する人 前職の良かったところを忘れてしまう 転職しても失敗する人 我慢ができない 転職しても失敗する人
自分は悪くなく、周りの環境が悪いと思っている 転職しても失敗する人 資格をとれば市場価値が高くなると思っている 転職しても失敗する人 自分にはこの仕事しかないと思い込んでいる 転職しても失敗する人 転職に向いている人
ジョブホッパーにならないためにも すぐに転職失敗と決めつけてはいけない 収入の不安から転職したものの‥ 転職の失敗例 やりがいを求めたら過労で倒れてしまった‥ 転職の失敗例
転職先がブラック企業だった‥ 転職の失敗例 コネを使って転職をしたがその人との関係が崩れ‥ 転職の失敗例 転職後の職場環境に馴染めず‥ 転職の失敗例 転職後の上司、同僚、部下に馴染めず‥ 転職の失敗例
転職エージェントにのせられ、いざ転職してみたら‥ 転職の失敗例 憧れの外資系企業に転職してみたら‥ 転職の失敗例 ブラック企業の見分け方 転職の準備には時間がかかる
転職先の企業を調べる 自分の転職の目的を考えてみる 転職活動の心構え 転職活動をする前に自分の棚卸しをしてみる
100%満足の転職なんてありえない 転職で得たいものをはっきりさせる 転職者の半数は失敗する 転職するかしないか、2年後の自分を想像してみる
悪い職場にいて貴重な時間を無駄にするな! 転職エージェントとは? 転職エージェントのメリット、デメリット 転職エージェントとハローワークとの違い
転職エージェントのキャリアアドバイザーについて こんなキャリアアドバイザーには要注意 キャリアアドバイザーに頼り切りの人は転職に失敗する 転職が活発な職種
昔と今では転職に対する考え方が変わってきている 女性の転職について考えよう type 人気の転職エージェント リクルートエージェント 人気の転職エージェント
DODA 人気の転職エージェント アデコ 人気の転職エージェント マイナビエージェント 人気の転職エージェント パソナキャリア 人気の転職エージェント
ワークポート 人気の転職エージェント JACリクルートメント 人気の転職エージェント 転職が失敗したら簡単に再転職を考えるな 転職後の考え方次第で転職は成功にも失敗にもなる

<広告>

<広告>